キズナアイ 復活示唆のライブ配信で炎上!スパチャ集金目的か!

スポンサーリンク

2022年2月から無期限活動休止しているVTuberのキズナアイが、活動開始8周年となる2024年6月30日に突如動きを見せ話題になっています。

復活を示唆するかのような動画投稿やライブ配信、サイト開設などが次々とされていますが、炎上する事態になってしまいます。

キズナアイがなぜ炎上しているのか、またここまでの活動再開の動きについてまとめていきます。

目次
スポンサーリンク

キズナアイ謎のライブ配信で炎上!

炎上した理由

キズナアイさんのYouTubeでのライブ配信が「スパチャ集金目的」だと言われ炎上しています。

キズナアイのYouTubeチャンネルでは、2024年6月30日0時から「s h e e e e p」というタイトルでライブ配信が始まりましたが2024年7月1日19:00現在も終わることなく続いています

内容は音楽と映像が永遠とスープするもので、スパチャ機能がついているようです。

スパチャとは、スーパーチャット(Super Chat)の略で、YouTubeのライブチャットを利用した生放送や動画の公開時に、特別なチャットを有料で書き込める“投げ銭”機能のことです。

あまりに長い時間の垂れ流しのライブ配信に、スパチャ集金や再生回数を稼ぐ目的なのではないかと批判が寄せられています。

ライブ配信についての声

復活を期待したファンが多くいたため、何も起こらないライブ配信が続いていることに疑念の声があがっています。

キズナアイの無期限配信さ 完全に人来なくなるまでこのままでスパチャ稼ぎとかして終わりそう

そろそろこの24時間越えの生配信
の意図を会社側から説明してくれよな
スパチャ祭りも続いてるし

キズナアイこういう配信するならスパチャ切らなきゃダメじゃね?

キズナアイ、さすがにこれで何もなかったらスパチャした人はブチ切れていいと思うよ

これキズナアイのやつ、この後復活しても純粋にうおおおおおってならないな。あれでスパチャ集めるってほんとこすい商売。普通に忌み嫌われて良い形になりつつあるよこれ。

寝ぼけてて良くわからなけど、キズナアイの名前だけ使った再生数稼ぎにみんなはめられたってこと?

キズナアイ活動再開匂わせの動き

ライブ配信の他にも、キズナアイの復活を示唆するような動きがいくつかあります。

動画を公開

キズナアイがYouTubeで、2024年6月30日に「Me in the dream」というタイトルで突如動画を公開しました。

内容は、童謡の「手のひらを太陽に」の鼻歌に「I love you. forever. You hear me? I love you forever. And I’m coming back. I’m coming back. 」とメッセージを話すといったものです。

「I love you. forever. You hear me? I love you forever. And I’m coming back. I’m coming back. 」
=忘れないで あなたがネットにアクセスする時 私は必ずあなたの傍にいる

Webサイト開設

キズナアイのWebサイト「Cognition KiznaAI」が開設されました。

Cognition_KizunaAI キズナアイ

「Cognition」は和訳すると「認識、認知、知覚」といった意味があり、キズナアイが目覚めたという意味ではと期待されました。

プロデューサーを名乗るアカウントが出現

キズナアイのプロデューサーを名乗るアカウント「Tsumugu」がX上に現れ、その投稿を公式アカウント「Kizuna AI Inc.」がリポストしています。

Xより

さらにこのアカウントでは、英語でこのようにポストされました。

Kizuna AIのリブートには少なくともあと数ヶ月はかかるだろう。 夜更かしされている方は、健康を第一に、ゆっくり休んでください。皆様の温かいご支援とご忍耐に深く感謝いたします。ゆっくり休んで、良い夢をみてください。

数カ月後にキズナアイが復活することを示唆しているように読み取れます。

2年以上、スリープ状態だったキズナアイに復活の兆しが見え期待が膨らむばかりです。

まとめ

キズナアイの復活を思わせるライブ配信が炎上している件についてまとめましt。

あまりにも長い同じ内容が繰り返される内容にスパチャがついていることから憶測を呼び炎上してしまいました。

復活を喜ぶファンの気持ちが、次第に怒りへと変わってしまったようです。

しかしながら、復活を待ち望んでいたファンにとっては匂わせる数々の動きは嬉しいものですね。

今後の展開を待とうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次